16才の大谷翔平クンとマンダラート

メジャーリーガーの大谷翔平クンの目標達成シートは有名ですが、それがマンダラートである事を知る人は少ないです。
彼が16才の時にマンダラートで「目標達成表」を作成していたというエピソードは、知る人ぞ知る話です。

岩手県の花巻東高校の野球部に入部すると、部員全員に81マスのシート(著作権の関係なのか、マンダラートという表記ではない)を使用して、3年間のゴールを設定をします。
下のリンクの図(マンダラート)を見ていただければ分かるように、マンダラートの機能のひとつ、目標をブレイクダウンする使い方をしています。

真ん中の目標に『ドラフト1位指名をプロ野球8球団から受ける」ことを設定しました。それを実現するために8つのサブ目標にブレイクダウンしていっています。

「スピード160km/h」「変化球」「コントロール」「キレ」と、投手としてのサブ目標が上げられ、アスリートに不可欠な「体づくり」「メンタル」が加わります。
野球の目標としてはこの6項目で充分なのですが、「目標達成表」としてマンダラートを採用した真価が発揮されます。それはまだ残り2マスが容れ物として用意されていることです!

指導した花巻東高校の野球部の佐々木監督は、単なる野球バカでは目標は達成できないことを見抜いていたのでしょう。最後の2つに今日の大谷翔平クンの、愛される・応援したくなる人間性が培われた原点が設定されています。
「人間性」と「運」です。
16歳でマンダラートに出会えた素晴らしさを、大谷翔平クンは見事に活かしてきて、いまメジャーリーグのグラウンドに立っています。

(余談ですが、日本のプロゴルフに、とりわけ男子ゴルファーに人気が出ないのは、彼らの「目標達成表」に「人間性」と「運」の観点が欠落していたからではと、大谷翔平クンを見ていて感じます。そして指導者との出会いの大きさもまた感じます)

この記事を書いた人

荒井 好一(Yoshikazu Arai)

荒井 好一(Yoshikazu Arai)

会社員38年・定年後フリーランス10年、好きな仕事で歩いてこれた。

45歳の春から東京単身赴任をスタートさせて、退職後もデュアルライフを楽しむ。異なる文化の街暮らしと移動空間で企画をするのが大好きで、2017年は実に新幹線乗車105回で仕事を楽しんだ。

スピーチのコーチ、法人代表、時々ビジネス書の著者、ブロガーに挑戦中。