太宰府の蘭館オリジナル「道真ブレンド」を自宅でも愉しんでいます。

「自家焙煎珈琲 蘭館」は、福岡県太宰府市に1978年創業の由緒ある喫茶店です。

最初に訪れたのは、朝のオープン仕立ての時間帯でした。清々しい雰囲気がとても好きで、おろしたてのシャツやシーツのようで(これは朝一番の映画館も同じですね)珈琲を飲むシーンでいちばん好きなときですね。

少し調べてみると、オーナーである田原さんは九州では初となるSCAA認定のコーヒー鑑定士。でJapan Cup Tasters Championshipに優勝、世界でも3位に輝いたことがある実力者ということです。

コーヒー豆は世界各地の農園から選び抜いた「スペシャルティーコーヒー豆」を使用。「梅大路ブレンド・道真ブレンド・観音ブレンド・都府楼ブレンド・小鳥居小路ブレンド・合格珈琲」などユニークな名前が並びます。

ぼくがいただくのは、道真ブレンド。香りが良いのに程よくマイルドで何杯も続けても飲みあきない美味しさです。

豆を挽いてもらい、自宅でも味わっています。

この記事を書いた人

荒井 好一(Yoshikazu Arai)

荒井 好一(Yoshikazu Arai)

会社員38年・定年後フリーランス10年、好きな仕事で歩いてこれた。

45歳の春から東京単身赴任をスタートさせて、退職後もデュアルライフを楽しむ。異なる文化の街暮らしと移動空間で企画をするのが大好きで、2017年は実に新幹線乗車105回で仕事を楽しんだ。

スピーチのコーチ、法人代表、時々ビジネス書の著者、ブロガーに挑戦中。