ぼく的には、期待はずれのAppleの「WWDC」だった!

Appleの開発者向けカンファレンス「WWDC」が今年も開催されました。

2017年のWWDCでは大量のハードウェアが発表されたので、ぼくのお目当てのMac Bookが13インチで新しく出るのじゃないかと期待していましたが、肩透かしでした。

ぼくのメイン機は、Mac book Pro15でして、Mid 2014製でしてもう4年も故障もなくパフォーマンスもよく、大変満足しているのですが、ただ1点→2.0kgと思いのです。

旅する仕事&暮らしとしては、リュックにずしりとひびき両肩にくい込むのです。

Mac book Pro15を自宅に置いて、iPad Pro12.9を連れて出る時はとても軽やかです。

ですから、iPad Pro12.9 ですべての仕事ができないかと試行錯誤しましたが、肝心の企画仕事のキーアプリ→keynoteの使い勝手が良くない。

ぼくの思考速度にiOSのkeynoteでは付いてこれない。道具を使うときのストレスは明らかに脳のパフォーマンスを低下させます。

1kgを切るMac Book13は、いつ発売なのか。秋まで待つことになりそうです。

この記事を書いた人

荒井 好一(Yoshikazu Arai)

荒井 好一(Yoshikazu Arai)

会社員38年・定年後フリーランス10年、好きな仕事で歩いてこれた。

45歳の春から東京単身赴任をスタートさせて、退職後もデュアルライフを楽しむ。異なる文化の街暮らしと移動空間で企画をするのが大好きで、2017年は実に新幹線乗車105回で仕事を楽しんだ。

スピーチのコーチ、法人代表、時々ビジネス書の著者、ブロガーに挑戦中。