ウオーキングで効率よく脂肪燃焼させる、5分で分る心拍計の使い方。

困ったさん
困ったさん

毎日8000〜10000歩も歩いてるんだが、なかなか痩せない?

悩んでるさん
悩んでるさん

ウオーキングの速度とか距離とか、どうすれば効果が出るの?

ウオーキングは手軽にできるけれど、なかなか痩せない!、ウオーキングの効果的なやり方が分からない!という悩みや疑問を皆さん持っていますよね。

この記事は、そんな悩みや疑問を解決して、ウオーキングでダイエットできる実践的なノウハウを伝えています。

なぜなら、ウオーキングで成果が出なくてモチベーションを落としていたボクが、心拍計を活用してから一気に7.4kgのダイエットに成功したからです。

この記事では、ウオーキングの運動強度と脂肪燃焼の関係と、数値を見える化してやる気を加速させる方法を紹介していきます。

この記事を読み終えると、ウオーキングをダイエットに確信持って繋げることができ、理想の体型と健康を手に入れることができるでしょう。

1.歩数計は、運動量の目安を示すだけ。

「1日8,000歩、歩きましょう」といろいろなところで推奨されていますね。確かに8,000歩のウオーキングは運動不足の解消には悪いことではありませんが、ダイエットが目的となると8,000歩の中身が問題になります。負荷を掛けずにゆったり歩いた場合と、早足で歩いた場合では脂肪燃焼に関しては大きな開きがあります。

2.脂肪燃焼のメカニズムを知りましょう。

メカニズムを簡単に言えば、次の2つです。

  1. 脂肪を使って運動することが、減量に繋がります。
  2. 最大心拍数の70〜80%未満で運動をすると、脂肪を効果的に使います(燃焼)。

そして大事なことは、(運動のエネルギー源は、糖質と脂質ですが)ウオーキングする時間です。食事前がベストです。なぜなら、食事前の体内は糖質が消費されているために、ウォーキングに使えるエネルギー源は体内の脂質になるからです。

さらに、心拍数を上げないと脂肪を効果的に燃やしてくれないということです。

3.最大心拍数がわかると、ウオーキングの強度や時間が決まります。

運動の強さや長さを数字に置き換えないと、基準が分かりませんし、効果が見えません。そこで、自分にとっての必要な心拍数を知ることです。

  • 最大心拍数は、220ー自分の年齢
  • 脂肪が燃焼する心拍数は、最大心拍数の70〜80%以上

あなたが40歳だとすると、220−40=180(最大心拍数)→180×70〜80%=126〜144(脂肪が燃焼する心拍数)、ということになります。

まとめますと、例えば40歳の方なら、食事前に心拍数126〜144の心拍数でウオーキングをすると、効果的に脂肪が燃焼してくれてダイエットに繋がるのです。

4.心拍計を付けて運動すると、リアルタイムの消費カロリーを教えてくれます。

下の写真のデータは、昨日のボクの活動計(心拍計を含む)のものです。

61分のウオーキング中、早足のウオーキングが48分で13分がゆっくりウオーキング。計325キロカロリー消費という計測を、腕につけた活動計(心拍計を含む)がiPhoneアプリと連動して記録してくれました。

まさにダイエット効果の見える化で、日によっての運動強度や距離・時間をコントロールするアシスタントになってくれています。

もしよろしければ参考にしてください。心拍計付きの活動計はたくさんあります。ボクは睡眠時間や睡眠の質も計れて、バッテリー持ちが最大7日間という使い勝手で、Fitbit Charge4をお薦めします。

ライザップ・トレーニングの目標→脂肪燃焼を追求すると、活動計Fitbitに出会いました。 定年後の働き方の自由度を左右する、奥さんの健康も大事。夫婦でFitbitを導入しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。