「今日用」「今日行く」もだが、「きょうかい」がいちばん大事

歳をとればとるほど、教養・教育が大事と冗談混じりに言われる。今日用事があるか?今日行くところがあるか?朝起きたときにそれらの予定があると励みになるのは事実です。

もっと積極的に言えば、会(かい)の機会をつくりだしているかどうかが、百活の鍵を握っていると思います。人に会うことで、会話をする、会食を楽しむ、たくさんの人たちと会合する。隗より始めよのダジャレだが、「会(かい)より始めよ」をひと月の三分の一から半分は実行していきたきものだ。

【点検してみよう】7/1→パーソナルレッスン、7/2→講演会の講師、7/4→グループレッスン、7/5→パーソナルレッスン、7/9→福岡で会食、7/12→ネットで受講、7/13→昼間から会食、7/14→パーソナルレッスン、7/15・16→濃密な⑦時間レッスン。15日間で9回ということは6割、会っている。それもこれも人と会うのが仕事というのは、誠にありがたいことです。

この記事を書いた人

荒井 好一(Yoshikazu Arai)

荒井 好一(Yoshikazu Arai)

会社員38年・定年後フリーランス10年、好きな仕事で歩いてこれた。

45歳の春から東京単身赴任をスタートさせて、退職後もデュアルライフを楽しむ。異なる文化の街暮らしと移動空間で企画をするのが大好きで、2017年は実に新幹線乗車105回で仕事を楽しんだ。

スピーチのコーチ、法人代表、時々ビジネス書の著者、ブロガーに挑戦中。