いま3冊の本を執筆しようと準備しています

定年前までは本を執筆して書店の店頭で自著を目にするなんて考えもしませんでした。2009年春に退職した時期のエポックに出版・執筆の敷居がグンと低くなったことがありました。

「さおだけ屋はなぜ潰れないか」を会計士の山田真哉さんが書き、コンサルタントの勝間和代さんが「お金は銀行に預けるな」を。花王勤務のサラリーマンだった美崎 栄一郎さんが「「結果を出す人」はノートに何を書いているのか」を出版するなど、それまでの常識を覆して大先生でもない普通の人が著者デビューを次々と果たしていました。

その当時のSNSの日本での主役は、ミクシィでした。ミクシィを媒介にした読書会や勉強会が、首都圏では頻繁に行われていて、そこに顔を出すと新人著者たちに会うことができました。ですからぼく自身も、出版することは高嶺の花ではなく、望めば叶うことだと認識が変わりました。事実、定年後7年間で3冊の本を出版しました。

  • 2012年3月に「日本人はなぜスピーチを学ばないのだろうか」(像の森書房)
  • 2013年12月に 「心を動かす! 『伝える』技術  五輪招致7人のプレゼンターから学ぶ」(SB新書)
  • 2016年11月に 「あなたから買いたい ~印象マネジメントでトップ営業になれ!」(マイナビ出版)

これらの3冊は、プレゼンテーションやスピーチを教える仕事の中で、開発したメソッドやノウハウを記したもので、自分が書きたいものでした。いずれも重版はされず、みなさんが読みたい本の中には入りませんでした。

いま書こうとしているのは、みなさんが読みたい本です。自著にこだわりません。

  1. 共著で書く→士業の1対1と1対50人の話し方、ニッチですがシリーズ本を。
  2. 覆面ライターでもいいので→野球監督のビジネス視点での成長本を。
  3. 自著→プロフェッショナルは、どこまでの準備をしているか。準備の真髄をプロから学ぶ本

材料は揃っています。さあ、これから企画書を作っていきます。

 

この記事を書いた人

荒井 好一(Yoshikazu Arai)

荒井 好一(Yoshikazu Arai)

会社員38年・定年後フリーランス10年、好きな仕事で歩いてこれた。

45歳の春から東京単身赴任をスタートさせて、退職後もデュアルライフを楽しむ。異なる文化の街暮らしと移動空間で企画をするのが大好きで、2017年は実に新幹線乗車105回で仕事を楽しんだ。

スピーチのコーチ、法人代表、時々ビジネス書の著者、ブロガーに挑戦中。