階段で「筋肉貯金」 下りの方が利子が大きいのが嬉しい!

NHK「みんなで筋肉体操」でブレイクしている、近畿大学の谷本准教授の放送を観ました。

最も大きな筋肉を貯金てきるのが、スクワット。お尻を突き出して和式ウンコ座りの要領で地面ぎりぎりまで腰を落としていく。立ち上がるときはテーブルを補助にして良い、とのこと。1日10回を2セットで良し。

そしてもう一つき朗報は、「階段」。それも下り階段を降りる方が筋肉的には上るより効果があると谷本准教授はおっしゃる。

早速、下り階段で実施すべく、有楽町線の月島駅に行く。上りをエスカレータで上り、下りを徒歩で降りることでいいはずだが、やはり、上りも脚を使う。4往復すると240段を上り、300段を降りて電車に乗って移動した。

この記事を書いた人

荒井 好一(Yoshikazu Arai)

荒井 好一(Yoshikazu Arai)

会社員38年・定年後フリーランス10年、好きな仕事で歩いてこれた。

45歳の春から東京単身赴任をスタートさせて、退職後もデュアルライフを楽しむ。異なる文化の街暮らしと移動空間で企画をするのが大好きで、2017年は実に新幹線乗車105回で仕事を楽しんだ。

スピーチのコーチ、法人代表、時々ビジネス書の著者、ブロガーに挑戦中。