爺とは呼ばせていない。「かずさん」と呼ぶ孫のお迎えに行った夕方。

東京に長男家の孫がいて、神戸に長女家の孫がいる。今日は神戸の孫の4歳の誕生日だから、保育園にお迎えに行った。4月に進級してもも組さんからりんご組さんになっていて、2階の保育室に変わっていたがぼくが顔を見せると跳んできた。

誕生日プレゼントは、今年は絵本にした。JRの機関士から絵本作家になった、鈴木のりたけさんの本を選んだ。

みんな違う、違いがうらやましい、でも みんな「とんでもない!』といいます。

この記事を書いた人

荒井 好一(Yoshikazu Arai)

荒井 好一(Yoshikazu Arai)

会社員38年・定年後フリーランス10年、好きな仕事で歩いてこれた。

45歳の春から東京単身赴任をスタートさせて、退職後もデュアルライフを楽しむ。異なる文化の街暮らしと移動空間で企画をするのが大好きで、2017年は実に新幹線乗車105回で仕事を楽しんだ。

スピーチのコーチ、法人代表、時々ビジネス書の著者、ブロガーに挑戦中。